当店が選ばれる理由

メガネのスペシャリスト「SSS級認定眼鏡士」が、
確かな知識と技術で、最適・快適をご提供します。

メガネは単によく見えるとかおしゃれというだけではなく、使用し続けても疲れず快適であることが大切です。あなたにとって最適で快適なメガネをお作りするためには、適切な視力測定からレンズの選定、フレーム選びやフィッティング、フレームレイアウトなど専門的で複雑な技術が必要となります。そこで確かな知識と技術で、お客様にご満足いただけるメガネをご提供するのが「認定眼鏡士」です。
当店では、認定眼鏡士の中でも数少ない最上級の「SSS級認定眼鏡士」2名が在籍、他のスタッフもベテラン揃いです。メガネや眼の機能のことでお困りのことがございましたらお気軽にご相談くださいませ。

認定眼鏡士制度とは

認定眼鏡士登録証視機能分析のプロフェッショナル「認定眼鏡士」

「認定眼鏡士」とは、社団法人日本眼鏡技術者協会が、2001年に新設した国内唯一の認定資格制度による能力資格者の名称です。

見え具合に関するご不満やご要望を伺う問診、
さまざまな理論や技法や機器を駆使して行なう自覚検査や他覚検査、
適切と推測される度数を試していただく装用テスト、
用途やご希望に合致するメガネをご提案するコンサルティング、
掛け具合を調整するフィッティングなど、
全ての段階で高度な知識と理論と技術とを駆使し、快適で優れたメガネをご提案するのが「認定眼鏡士」の役割です。

等級認定基準

Sの数が多い人ほど上級のランクになります。

S級 SS級 SSS級
2年制の眼鏡学校卒業生で1年以上の眼鏡実務経験を有する者(通信課程修了者を含む) 3年制以上の眼鏡学校卒業生で1年以上の眼鏡実務経験を有する者(通信課程修了者を含む)又は、S級取得後2年以上の眼鏡実務経験を有し、SS級認定試験に合格した者
  1. 認定された海外の眼鏡学校を卒業後、開業ライセンスを取得し、1年以上の眼鏡実務経験を有する者
  2. SSS級認定試験に合格し、1年以上の眼鏡実務経験を有する者

詳しくは(社)日本眼鏡技術者協会 ウェブサイトをご覧ください。
http://www.megane-joa.or.jp/

快適メガネをつくるための視力検査・視機能検査

快適メガネをつくるための視力検査・視機能検査確かな技術の15項目検査・両眼視検査を行っています。
今までのメガネで満足していない方やお困りの方は是非ご相談・検査にご来店ください。
経験豊富な認定眼鏡士が担当させて頂きます。

目の基礎機能を検査

問診
使用用途・趣味・生活環境などをお聞きし、度数設定の参考にします。
基礎検査
瞳孔距離間測定・裸眼視力測定、ご使用中のメガネでの視力を測定。
カバーテスト
両目が楽な状態で、視線にズレがないか(まっすぐ見ているか)を検査します。
輻湊検査
両目を内側に寄せる力があるかを検査します。
利き目テスト
手足にも利き手、利き足があるように目にも利き目があります。お客様の利き目がどちらかチェックします。
利き目テスト

度数と立体感覚の検査

遠方検査
視力の基準となる遠方視力がどこまで出せるかの検査します。
遠方検査
斜位・輻輳力の測定
視線のズレの量や、目を寄せたり外側へ向けたりする目の力の量の検査をします。
加入度測定
手元作業距離における度数を測定します。
調整力の測定
近くを見るときのピントを合わせる力の量を測定します。
10仮枠体験測定
仮枠にレンズを入れて、実際のメガネに近い状態で体験していただきます。

フレームを掛け、レンズと目の中心を合わせる

11プレフィッティング
お選びいただいたフレームをお客様の顔形に合わせていきます。
12遠用アイポイントチェック
お選びいただいたフレームとレンズの中心を合わせます。
13近用アイポイントチェック
ミラーテーブルを使い、手元の視線が近用ポイントを通過しているかをチェックします。
14精密加工
決定した度数とアイポイントが指定通りに仕上がるよう加工します。
15仕上がりチェック
メガネをお渡し時、再度アイポイントの設定を確認させていただきます。
仕上がりチェック

細心の注意の上での両眼視機能検査

当店では検査の中で両眼視機能の働きに疑いが生じた場合、両眼視検査を行い、
不足分を補い疲れにくく見やすいメガネをご提供いたします。

物が二つに見えることを複視といいます。人間の脳は本能的に複視を嫌い、左右両方の眼に映った二つ像を一つに捉えるよう調整し、距離感をはじめとする立体視ができるよう働いています。これには両眼を一緒に動かし同一の物を見ようとする機能が要求されます。この機能を両眼視機能といいますが、この機能が正常に行われてない場合下記のような症状が起こります。

  • 眼が疲れやすい
  • 行や文字を読み飛ばすことがある
  • 集中力に欠ける
  • 道路の車線が二重になってみえることがある
  • 文書を読むのが遅い
  • 視線を動かしたときピントが合うまで間がある
  • 球技が苦手
  • 視線を動かすと目まいがすることがある
Top