ブログBlog

2021.05.16 強度近視さんのメガネのお悩み

強度近視の方のメガネはフレーム選びで変わる!!作製例の総集編!!(群馬)

こんにちは!!蛭間です!!

 

 

先日、子供を連れて密を避けながら自然豊かな群馬県のみなかみ町へ遊びに行ってきました

なかなか、ショッピングモールも気軽に連れて行くのが難しい昨今のため

外でのアクティビティが楽しめて、密を回避してとなるとみなかみ町はとてもいいです(*’▽’)

久しぶりの気分転換もとても大事ですね

コロナさえなければ、ここまで気を使う必要はなくなるので、1日でも早く元の日常に戻って欲しいものですね(;^ω^)

 

 

さて、『メガネが嫌い』この業界に入って何度お客様から言われた言葉でしょうか。。。

似合うメガネの選び方がわからず、メガネが似合わないから嫌いというパターンもあれば、

今回、ご紹介する度数が強くてレンズが『厚い』、『重い』、『試着の時は良かったけど出来上がって掛けてみたら顔の印象が違う!』

結構こういった方多いです(汗)

なぜ、そのような方が多いのかと言えばメガネ店のアドバイス不足を感じています。

僕は、その方のお顔立ちや肌の色や服装やお度数を見て似合うメガネをオススメしていくわけですが、『そんなアドバイス聞いたことがない』としょっちゅう言われます(;^ω^)

あと、

【度数が強いから小さいフレーム勧められて子供用だったとか】

【プラスチックフレームしか勧められないとか】

これもよく聞きますね。。

 

だから、当店を利用していただくお客様には少しでも『メガネも良いな』とか思ってもらえるようフレーム提案や商品構成、検眼、加工などの日々アップデートをしております

 

コンタクトも悪いとは言いませんが、目に直接付けるものですから色々な疾患のリスクや年齢とともに涙の分泌量が減っていくのが原因で長時間つけていることがいつかは難しくなってきます( ;∀;)

なので、当店の作製例を見ていただき、これならどうでしょうか!というのが今日のブログです!!(笑)

(日本語下手ですいません。ww)

 

例1.

まず、今までコンタクトだったがメガネに切り替えていきたい。

今使用しているメガネだと周りから『度数が強そうに見える』と言われる。

こういったお悩み。

使用中のメガネを拝見させていただくと度数は近視度数-6.00

なんで、周りからそういわれるのかというと

【メガネのサイズがお顔に対して大きいから】

正面から見るとこんな感じでした。

お顔も小さかったのでオススメしたのが、こちらのフレーム

VioRou(ヴィオルー) クリストファー

 

レンズの横幅(44size)と小さめですが、縦幅は深めになっているのでトレンドを取り入れつつお洒落に着用いただけるフレームです( *´艸`)

正面から白い渦が見えると度数が強そうに見えるので白い渦も出ない工夫も施してあります

レンズの厚みもほとんど気にならず掛けていただけますし、目が小さく見えてしまうのもVioRouの考え抜かれたデザインではそういった面も気になりません(^^

お洒落なフレームだと度数がある方のデメリットよりもフレームの素敵さに周りの方の目が行きますよ!!

 

 

例2

『度数の影響でメガネを掛けると顔の印象が違ってしまい、目が小さく見える』とのご相談。

近視の度数は-7.50

今まで着用されてたメガネを見ると安売り店で購入された大きいラウンドフレーム

アドバイスもなかったからメガネが出来上がったらこんな印象だったとのこと…

フレーム選び重要です!!

色々なフレームを提案し、決めていただいたのがこちら!!

NEW YOKER(ニューヨーカー)のフレーム

レンズの横の幅は42sizeになります!!

世界で最初にチタンフレームを製造した日本の老舗メーカーが作製しているフレームです!!

フレームの丈夫さもありながら、それでいて価格も2万円代というところも嬉しい点ではないでしょうか( ;∀;)!!

検眼をすると最近作製したのにも関わらず見え方もいまいちとのことでしっかり検眼をさせてもらい度数も上がりましたが、それでもこの薄さ!!!

 

一般的なフレームで同じ度数で作製するとこれくらいですよ( ̄▽ ̄)苦笑

見え方も見た目も喜んでいただけました

 

例3

『とにかく度数が強いので少しでも薄くできれば』とのご相談。

眼科の処方箋での作製なのですが、確かに見させていただくとここ最近でもトップクラスの度数の強さ

近視度数-16.00

フレーム選択は集大成を見せつけます!!

選んでいただいたのは我らの強い味方VioRou(ヴィオルー)!!

どんな度数の方でもやはり間違いないです( ̄▽ ̄)

多少、厚みは出てきますが、先ほどの-8.00のお度数よりも抑えられておりますし、あとは重要になってくるのはフィッティングです。(フィッティングとは・・・フレームをお顔に合わせていくことを指します。)

近視の方のメガネは度数が強くなればなるほど目が小さく見えるのが増します。

目とレンズとの距離を近づけることで、その点が気になりづらくなります!!

ただ、技術がないお店だとこういったところは調整をしてくれないため要注意です(;^ω^)

睫毛が当たらないギリギリのところまで近づけてお渡しをさせていただきましたよ

 

 

 

他にも

 

 

 

 

 

他にも数多くのお客様のお悩みを聞き、作製させていただいております(゚∀゚)

僕の想いは『どんな度数の方にも快適なメガネを提供したい。』

この想いでお客様と毎日接しています。

もちろん限界はあるけれど周りから褒められるようなメガネを提供していきお客様に少しでも喜んでいただけたら僕も嬉しいです

 

 

ちなみに度数が強い方との相性がとてもいいフレームは中国製ではまず無いのと、フレームは使用していての強度も大切だと思っているので品質の良い日本製になります。

価格はシンプルなデザイン物でレンズ代込み2万円程~

今回ご紹介したフレームなどですと、レンズ代込み3万円半~となります。

決してお安いものではないですが、今までのメガネの概念を変えてくれる商品ですし、

当店、日本眼鏡技術者協会が定めた認定眼鏡士の上位ランクSSS級を県内唯一取得しておりますので、検眼やフィッティングもご安心くださいませ。

 

 

本日はこの辺で!!

 

 

以前に書いた、度数が強い方のフレーム選びのポイントをまとめたブログもあるのでそちらもよろしければどうぞ

詳細はこちら

 

 

 

——————————————————————

メガネのヒルマ

〒376-0011
群馬県桐生市相生町2-836
(上州菓匠 青柳 相生店様の隣です。)

【TEL0277-52-2328】

朝10時~夜7時までの営業となっております。

各種クレジットカードもご利用いただけます!!

レンズ付き単焦点セットは8,800円~
遠近両用は15,400円~となっております。

他にも日本の福井県にある鯖江の職人達が作製した国産のメガネも多数展示♪

例えば、最高純度の品質を追求し続けるアイウェアブランド 999.9(フォーナインズ)や
999.9(フォーナインズ)ウェブサイト

福井県のプラスチックフレーム作製を極めた職人集団が作り上げる谷口眼鏡のTURNINGなど
谷口眼鏡ウェブサイト

他にもシャルマンなどの国産メーカーの商品も多数展示しております!!

お子さんのフレームに関しても力を入れておりますので丈夫さ重視の商品からデザインの可愛い商品までサイズ小さいサイズから大きいサイズまでご用意しております♪

SSS級認定眼鏡士が二名在籍しており、認定補聴器技能者も在籍しておりますのでメガネと補聴器に関してはお任せください。


また疲れ目や物が二重に見えてしまうなどの

プリズム補正メガネも承っております。

———————————————————-

 

SSS級認定眼鏡士・認定補聴器技能者在籍で安心
メガネ・補聴器のことなら、お気軽にお問合わせください!

0277-52-2328